いつもは出来ないのに…

私は肌が強い方で、友達にもよく、「肌綺麗だよね」と褒められます。

にきびも出来たことがありませんでした。

そんなある日何やら顔にぶつっとしたものが…そう、にきびだったのです。

ついに出来てしまったのです…。

しかも、一向に無くなる気配がありません。

どうしたらいいのかと悩んでたある日、髪を切りに美容院に行きました。

すると髪を洗ってくれていた美容師さんが「にきび出来るの珍しいね」と言ってきました。

私は「そうなんです…なかなか消えなくて…」と答えました。

美容師さんは「シャンプーかリンス変えた?」と聞いてきました。

な、なぜわかったのでしょう。

確かに変えていました。

美容師さんは「このにきびはね、多分リンスの洗い残しだよ。

中高生よくにきびできるけどおデコにできてる子多いでしょ?あれ結構な確率でリンスとかの洗い残しなの。

だからおデコだけなんだよね、重めのリンス使ってる?」と聞かれたので「あ、最近匂いがいいので重いのよく使ってました」と答えると「やっぱり。

洗い残しだね。

重めのリンスはシリコン成分が多いから中高生にはあまりオススメしないんだよね…。

だけど、それが原因ならにきびはすぐ治るよ。

今日からシャンプーは今まで通りにしてリンスだけ髪全体にするんじゃなくて、毛先だけやってみて!」と言われたので半信半疑でやってみることに…すると、あっという間ににきびが治ったのです。

にきびの原因がまさかリンスだとは思ってなかったので驚きました。

もちろん、そういう理由ではない方もいらっしゃいますが、意外なところにも原因はあるんだなと思った一件でした。

思い当たるところがある方は一回リンスやシャンプーを変えたり、洗い方を変えたりするといいかもしれませんね。

自分の肌に合ったケアを

長年、顔のニキビに悩まされた経験があります。

顔全体にたくさん出来ていたのですが、おでこや小鼻、あごの下は特にひどかったです。

何度も何度も同じところに出来て、本当にうんざりでした。

肌を不潔にすることがニキビの最大の原因と思っていたので、洗顔の泡を必要以上に泡だてたり、顔を2回洗ったりしていましたが、肌の弱い私には逆にそれがダメでした。

洗いすぎによって肌のバリアがとれ、トラブルを起こしやすい肌質に自分でさせていたようです。

さらに色んな種類のニキビケア専用の化粧水使って必死に保湿していましたが、土台(肌)が痛んでいる状態なのでほとんど意味がなかったと思いますし、逆に悪化させていました。

余計な事をしなくなってからは、肌の状態が改善したのかニキビはあまりできなくなりました。

(間食や油物を多く食べるとポツポツと出てきますが。)
このことを考えるとニキビを治すためには色々な方法があるとは思いますが、一般的に良いとされているケアの方法が、本当に自分の肌に合っているのかどうか、逆に悪化するのではないかという事を、まずは疑った方がいいと私は思います。

当時の私は肌を清潔にすることしか頭になかったですから・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする