生理前はいつもニキビに悩まされています。

私は、生理前になると必ず顎の周りにニキビが出来てしまいます。

日々のケアで、洗顔やパックなどは気を付けてやっているのですが、生理前になるとホルモンバランスとが崩れるのか、毎月ニキビが出来ます。

ニキビが出来るとなるべく丁寧に洗顔した後、ニキビに塗る薬を塗るようにしています。

ケアした後はニキビの赤みは数日で消え、生理が終わるころにはニキビは治ります。

それを毎月繰り返しています。

あと、昔はチョコレートを食べ過ぎて、顔がニキビだらけになったことがあります。

チョコレートにピーナッツが入っているチョコレートにハマり、毎日食べていたら、ニキビが続々とでき、驚きました。

チョコレートを食べることを辞めたら、すぐに治って安心しました。

それからはチョコレートはあまり食べ過ぎないように気を付けています。

ニキビは大きく成長すると、顔を洗っているうちに潰れて、血が出ることもあり、凄く嫌です。

ニキビは潰すとあとが残ると言われているので、なるべく潰したくないのですが、黄色く膿んでしまったニキビはほとんど洗顔してタオルで顔を拭いた時には潰れています。

潰れた後もとても痛いので、どうにかしたいのですが、なかなか難しいです。

日々は、しっかり洗顔し、週に一度のパックで気合いを入れて、ニキビができないように努力しています。

ニキビのいろいろな思い出

中学3年生のちょうど修学旅行前です。

大事な思い出の旅行になるので、髪の毛を切って、イメチェンして行こうと思いました。

前髪をばっさり切って、今までは肩につくほど長かったのですが、思い切って短く切りました。

前髪が、おでこに当たっていたせいと、髪をいきなり短く切ったせいか、急におでこ、ほお、顔全体にニキビが出来ました。

今でも、修学旅行の写真を見ると顔がギラギラしています。

それから、23歳ぐらいまで、ニキビに悩まされました。

エステに行ったり、化粧品を変えたり、いろいろしました。

どうしても、治らなかったので、皮膚科に行きました。

皮膚科に行ったところ、ニキビ用炎症止めの薬と、ビタミンCを処方されました。

食生活指導も受けました。

甘いものや脂っこいものを控えることなどです。

後、十分な睡眠も大事です。

薬を飲むと、ニキビが半分ぐらい減りました。

その後も、朝の洗顔をして、帰宅後すぐに、メイクを落としました。

化粧水よりも、洗顔にお金をかけました。

汚れが、きっちり落とせてなければ、その上にいくら高級なクリームを塗っても意味がないからです。

その後、乾燥した地域に引っ越ししました。

乾燥は、ニキビの味方のような気がします。

湿気が多い地域に戻ると、ニキビがひどくなるような気がします。

おかげで、今はニキビの痕は残っておらず、綺麗肌だねとよく言われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする