鼻下のニキビの原因と対策について

私は普段は乾燥肌で、ほとんどニキビができません。

思春期の時期にもあまり悩んだ経験がありません。

しかし、生理前にだけいつも決まって鼻下にニキビができます。

写真を撮るにしても何をしても目立つ場所なので本当に憂鬱な気分になります。

時期がいつも生理前のため何かしらの関係があるだろうと思ってはいました。

ある日、洗顔石鹸を買いに行く時に店員さんに伺ったところ、ニキビはできる場所によって原因が違うとのことでした。

そして、やはり鼻下のニキビは、ホルモンバランスの影響によってニキビができてしまう場所とのことでした。

しかし、問題なのは解決方法です。

ホルモンバランスの乱れが原因であったと分かったとしても、全くどのように対処すればいいのかわかりません。

そんな時にちょうど自分の結婚式があり、ニキビのできそうな時期と重なってしまいかなり悩みました。

その時期は洗顔を丁寧にやって、いつも以上に保湿も心がけました。

しかし、結局結婚式の月に鼻下にニキビができてしました。

何時もであれば、煩わしいのですぐに潰してしますのですが、なんとか我慢してできるだけ早く治ってくれるようになるべく触れずにいました。

そのおかげもあって、式までにはなんとか直すことができました。

しかし、今後も繰り返されるであろう鼻下のニキビの有効な対策が何かないものかと本当に悩ましいです。

あまりニキビが出来ない私がたくさん出来た話。

タイトルのように私はあまりニキビが出来ません。

そんな私が一気に5個位出来ました。

それは大学受験の時でした。

毎日勉強の日々で試験が近づくにつれてプレッシャーも大きくなり、半年間ほど寝れずにずっと勉強していました。

センター試験や一般受験が始まってから全然問題が解けない自分に焦っていて精神的にも肉体的にも病んでいました。

その頃に一気にニキビが出来始めました。

自分の中でこんなにニキビが出来たのが初めてだったのでどうにかしなきゃとネットで色々調べて洗顔を変えて化粧水を変えて、パックしながら勉強したりビタミン剤を飲んだりしていました。

ですがなかなか良くなりませんでした。

やはりこの生活と精神的なところからきているのかと思いながらも勉強をやめることは出来なかったので、学校に行くときや外に出るときはマスクをして鼻周りのニキビを隠していました。

一向に良くならないのと受験がうまくいかないことでニキビがどんどん悪化している気がしました。

それがすごく嫌でニキビを潰そうとしていたのも治るのを遅くさせていたのだと今では思います。

ですが、大学が決まってから自然とニキビが消えていきました。

その結果、やはり生活リズムやストレスによって出来たのだと分かりました。

どんなに洗顔をしてもいい化粧水を使っても生活リズムが乱れていると出来てしまうのだと実感した今では、早寝早起きを心がけています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする