ニキビは遺伝するの?どうしよう・・・。

「私のニキビって遺伝性じゃないの?」
と不安に思う人もいますよね。

そもそも、ニキビはどのような原因で起こるのでしょうか?

ニキビのできる大きな原因は、毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまうことです。

肌の状態が乱れることで皮脂の分泌が過剰になると、その皮脂を肌の外へうまく排出することができず、毛穴に溜まってしまい、それがニキビとなってしまいます。

しかし、皮脂が過剰に分泌されても、肌の状態がよく保たれていれば、毛穴は詰まりません。

皮脂自体は天然の保湿成分として、肌には必要な存在です。

では、実際、自分自身はニキビができやすいのかどうか…?

両親や家族が、ニキビができている、以前ニキビができていた…

このような事実から、「ニキビは遺伝するのではないか?」
と心配される方がいます。

確かに、ニキビが遺伝するとしたら、防ぎ様がなくなってしまいますね…

安心してください!

ニキビ自体は遺伝するということはありません。

ですが、注意してほしいのが、
「ニキビになりやすい肌質・体質は遺伝する可能性が高い」
ということです。

ニキビはできやすい肌質・体質の人がいます。

肌の代謝機能が低く、ターンオーバーの周期が長い、敏感肌の人は、ニキビの発生率が高いと言えます。

皮脂の分泌が一般的な肌より過剰な、脂性肌体質の人も、ニキビができやすく、悪化もしやすいです。

また、毛穴にも様々なタイプがあり、このタイプによってもニキビのできやすい人がいます。

主な毛穴のタイプは、開き毛穴、オイリー毛穴、かさつき毛穴、たるみ毛穴、目詰まり毛穴、黒ずみ毛穴の6つで、この毛穴の大きさというのは遺伝で決まってしまいます。

目詰まり毛穴、黒ずみ毛穴など、毛穴が小さい人というのは、ニキビの発生率が高まります。

ニキビのできやすい肌質の家系でも、ニキビはきちんとケアをしていれば予防できるものです。

両親と同じ生活環境の中にいると、必然的に生活習慣が似てしまいます。

そうなると、ニキビのできやすい状態ができてしまうのです。

遺伝と思い込んでしまい、諦めないでください。

遺伝するのは肌質・体質で、これらは生活習慣を見直すことで、大いに改善できるものです。

ニキビができるメカニズムをきちんと理解し、予防・改善に努めましょう。

ストレスで大人ニキビができた。

私は、システムエンジニアに転職しました。

私が想像していたよりも、すごいプレッシャーを感じながら仕事をしていました。

丁度、IT業界バブルが始まったので、技術者が不足し、とんでもない仕事量をひたすらこなしていました。

ある日、両方のほほに、おとなニキビができている事に気が付きました。

でも、仕事をこなすのがやっとだったので、あまり気にしないで、仕事をしました。

この当時の睡眠時間は3~4時間で、徹夜も頻繁にありました。

システムエンジニアとしての、プレッシャーと睡眠不足が続いた事で、私が想像している以上のストレスががかなりあったと思います。

大人ニキビがどんどん酷くなっていきました。

気がついてはいたのですが、心に余裕がありませんでした。

忙しさのあまり、ニキビをケアするということを思いもしませんでした。

仕事も落ち着いて、免許の書き換えにいって、免許をもらって写真を見た時は、ものすごくショックでした。
両頬のおとなニキビがすごくて、ほほのほとんどがニキビでした。

私はこんな顔で今まで、」平気で歩いていたと思うと、もうたまらなく恥ずかしくなりました。

それから、大人ニキビに効く、メルラインを買いました。

もう、この顔で外出する事に抵抗があったので、マスクをする様にしてかくしていました。

それから、1ヶ月ごとに、大人ニキビに効く、化粧水を買いまくりました。

しかし、全く効果がありませんでした。

まったくダメだったので、皮膚科に行き、塗り薬をもらって、塗っていたのですが、やはり、全く変わりませんでした。

その内に、考え事をしている時に、手で、大人ニキビを潰したり、カサブタを取る癖が付き、なかなかなおりませんでした。

たまたま、入った薬局の新発売コーナーに新製品として、大人ニキビの化粧水が置いてありました。

いつもの様になんとなく購入してつかっていました。

2週間くらいから、少し良くなった気がしました。

まあ、私の思い込みだと思い、気にしないで使っていました。

1ヶ月後には、新しい大人ニキビができなくなりました。

私は、この化粧水を使い続ければ、治るかもしれないと思い、毎日、朝と夜に使っていました。

1年間位、使い続けました。

びっくりした事に、かなり良くなって、後が残っているだけになりました。

それからも、毎日、使用していました。

今では。

ほとんど後もわからないくらいまで、治りました。

その化粧水に説明書を見ていたら、怪我した時も使用できるという化粧水でした。

私は、とりあえず、何かあったらこの化粧水を使いまくっています。
やはり、ニキビに特化したケア用品を選ばないといけませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする